javaの技術者は転職をくり返して良い企業を目指しましょう。

コミュニケーション力を活かす

javaの転職の際に気をつけていただきたいのは、コミュニケーション力についてです。javaを生かした仕事は、どうしても一人で作業することが多いです。また、java技術を高めるための勉強も一人で行いますので、必然的に人と会話する機会が減少します。そうなってくると、どんどんコミュニケーション力が衰えていきますので、人と話すのが苦手になってしまう可能性があります。
javaのプログラマーを志す方の中には、人と会話するわずらわしさを嫌ってプログラマーを目指す方も多いのですが、プログラマーとして大成するにはコミュニケーション力が必須です。これは面接時にも重視されますので、転職を機会にコミュニケーション力を高めるよう心掛けましょう。

コミュニケーション能力は、携わる仕事が大きくなるほど重要になってきます。大きなプロジェクトになると、プログラマーは個人ではなくチームで働くことが多いです。その時にチーム内の意思疎通ができなければ業務に支障をきたすので、必ず円滑なコミュニケーションができるようにしておく必要があります。この「円滑」にはチーム内の信頼関係や交友関係も大きく影響しますので、誰とでも仲良くできるコミュニケーション力が必要だといえるでしょう。
逆にいえば、コミュニケーション力が認められた場合には大きな仕事を任せてもらえる可能性が出てきます。技術不足をコミュニケーション力で補えば、プロジェクトリーダーなどの重要な役割に就くことができるかもしれませんので、転職の際にはjavaの技術とともにコミュニケーション力も高めておきましょう。