javaの技術者は転職をくり返して良い企業を目指しましょう。

もっと大きな会社に

javaの技術を生かして転職する場合は、今よりも規模の大きな会社を目指しましょう。プログラマーの世界では実力が第一です。学歴よりも技術力が重要になってくる側面もありますので、実力さえあれば大企業に入れる可能性もあります。
大企業は上を見ればきりがありませんので、今の会社で満足していては成長が止まってしまいます。たとえ仕事がハードだったとしても、その仕事は自分の技術を高めてくれますので、やりがいのある仕事だと言えます。
大きな企業ほど仕事で得られる経験値は大きいので、成長にはうってつけだと言えます。

javaの技術者が転職する際は、今の仕事で必ず結果を出すことを心がけましょう。履歴書には転職の履歴を書く必要があるのですが、短い職歴の企業が並んでいる場合は採用担当が不信感を抱きます。
この場合は今までの転職の履歴がマイナスに働いてしまいますので、転職に失敗しやすくなります。ただ、一つ一つの企業でしっかり実績を残していたならば話は別です。その実績を面接時に説明すれば、転職履歴の多さは上昇志向の証明になりますので、多くの企業があなたのことを欲しがるでしょう。
また、今よりも良い会社に転職することを心がければ、どんどん転職先の企業が大企業になっていくはずです。大企業で結果を残したというのは一種のネームバリューになりますので、良い転職をくり返せば自分の価値をどんどん高めることができます。

せっかくjavaで仕事しているのであれば、目いっぱいjavaの技術を生かさなければ損です。この先もjavaの需要は高まり続けますので、今のうちから技術を磨いていけば、業界の最先端で働くことができる可能性もあります
計画的な転職で自分のキャリアを育てていきましょう。